本の感想をいただきました。

京都府 大西様の感想 「おさよと山犬」

娘の感想…いなくなった時に何があったのか、

最後はどこに行ってしまったのか、とても不思議に思いました。

しゃべらなくても大事なことは伝わるのがすごいな。家族だからそうなれるのかな。

山に帰ってからも元気でいられたらいいな。

佐吉とお母さんとお嫁さんも、おさよのおかげで、仲良く幸せに暮らせると思いました。

大西の感想…みんなが泣けるくらい優しくて、貧しいけれどお互いを思いやって生きてる姿は、

現代の家族のお手本になると思います。

おさよが山へ帰っていくという結末は、家族とはいえ、

いずれは生きる道が別れてしまう日がやってくる事を意味するのか… 

だとしたら親兄弟との別れを受け入れ、

それぞれの場所で生きていくという決断に拍手を送れる自分でありたいな

(今はまだ口出してばかりのダメな母親ですが)とも思いました。

「新吉とおくり狼」

娘の感想…狼は初めから優しかったんじゃなくて、

新吉が傷の手当てをしてくれたから、優しい狼になったと思う。

私も、おこられたり意地悪をされたりしたら嫌な気持ちになるけど、

優しくされたら優しくしたいから、きっと狼も助けてくれた新吉のことを助けたくて、

道を教えてあげたんだと思う。最後は千代も助かって良かったし、相手が動物でも人でも、

優しくすると自分が困った時にも助けてもらえるかもしれないので、なるべく優しくしたいです

大西の感想…相手が狼だったら、手を差し伸べられるか?良心と恐怖心、

いざという時どちらが勝るのか?正直新吉の様に振る舞える自信はありません。

冒頭、自分に足りない物を教えられました。

優しさの連鎖、これも物が溢れ、人を介さずとも欲しい品物が手に入り、

人付き合いが希薄さを増す世の中では、忘れがちな事になりつつあります。

そんな「大切なもの」「失くしてはいけないもの」が確かにある事を教えてくれる、

懐かしくて温かな作品でした。

今年はコロナに翻弄された一年でしたが、

このような温かい作品に触れる機会を与えていただき、

相手を思いやることの尊さに改めて気づかされました。

本を読んでの感想をいただきました!

最近 すばらしい童話を孫と共に読んで楽しみました。

 オオカミは怖いとのイメージがありますが、この童話は人間と動物との共生を通じて、人と人とのつながり、家族愛、地域との助け合い自然の恵みの尊さ、すべてに感謝を伝えたい作品だと感じました。著者の心温まる気持ちが伝わってきました。小学生向きに書かれていますが大人が読んでもおもしろい童話です。時節がら肩を落としてホットする気持ちになりました。

 著者 五条一馬さんの あとがきには、

 「子供には夢を、若者には希望を、大人には生きがいを、お年寄りには人生の喜びを」を思いながらこれからも書き続けたいと、しめてありました。

                       東京 土屋嶺子

「山犬物語」電子書籍化!!

令和2年10月30日(金)

書籍名 絵本童話 山犬物語 

著者  五条一馬

出版社  文芸社

電子書店

                 Amazon Kindle ストア

     http://www.amazon.co.jp/kindlestore

                楽天 kobo 電子書籍ストア

     http://books.rakuten.co.jp/e-book/

    

 読む楽しさ以外に、そこに描かれた自然の神秘や、動物たちと共存する人間の絆を描いた一冊です。

本を読んでの感想をいただきました!

〇探し回って見つからなかった子供が一旦帰って来たものの、また別れを告げる、これは、自分の意志であり、必要とされ別れていった。ここに余韻が残ります。親孝行、家族仲良くしようという点も、私にとっては温かく、懐かしい感じがします。読みやすくしてありますが、現代人に向けたメッセージが伝わってきます。スマホがなければ落ち着かない世の中の流れにフッと原点に戻らせてくれます。挿絵について、表紙はいいなと思いました。ほのぼのとした家族、花摘みの様子など文章と一体化して優しく良かったと思いました。

             大阪府   山口俊子

「山犬物語」を読んで

おさよはどうなってしまったのかなあと心配した。けれど読んでいくうちに、おさよはお母さんに、お米やシカの肉をわたしていたのを知って安心した、私は、おさよは山犬だったんだなと思いました。おさよは、山犬になってお母さんと佐吉をいつまでも見守っているんだと思いました。とても感動しました。

              京都府小学三年  前田やよい

〇人間の思いを超えた、いのち、自然の強さ、優しさ、温かさ、それと繋がっているということのありがたさを温かい言葉によって深く胸にしみこみました。

              宮城県  東 義輝

〇私は20年近く山登りをしてきましたが、山の神様はきっといらっしゃると信じています。山に登るときはいつも「よろしくおねがいします」下山すると「ありがとうございました」と皆さんと一緒にお礼を言っていたことなどを思い出しました。

               京都府   村山美由紀

〇朗読してみました。一作目の終わりの部分で声が詰まってしまい、二作目とも心が動かされる物語。どこかで朗読してみたいと思いました。そして、ほかの方にもこの感動を伝えなければと思いました。

              奈良県  吉岡千里

〇新吉とおくり狼

 新吉は狼が穴にはまっているところを助けてあげ、新吉は千代が体調を崩し、なかなか見つからない薬草を狼が持ってきてあげたので新吉も狼も優しいと思った。おさよと山犬を読んで、貧しかったら畑で採れたものや川で採れたしじみや小魚しか食べられないし、量もたくさん食べられない。栄養もあんまり取れないから僕だったらお腹がすいていやだなあと思った。

                大阪府 中学1年  尾口達也